聖書の中の令和

5月から令和元年が始まりました。

「令和」という言葉は昭和年代の人には馴染みやすいけども、平成年代の人にはあまりしっくりこない、というのを聞いたこともあります。

皆さんにとってはどうでしょうか?

実は「令和」は聖書の中にも出てくるということを知っていますか?

聖書の中の書物に人間の中で世界で一番知恵のあったソロモン王という人が書いた「伝道者の書」といsう知恵の書物があります。

ソロモン王はその知恵でイスラエルの国を治めて、国は繁栄しました。

他の国々の王達も富を彼の王国に捧げて、その街には金があふれていたとさえ言われています。

そんなソロモン王の書いた「伝道者の書」には人間の人生に関する知恵が書かれています。

彼の他の「箴言」という書物も聖書の中には含まれていて、それは世界中のビジネスマンに読まれている知恵の本でもあります。

その「伝道者の書」でソロモン王が彼の人の人生に関する知恵の集大成をまとめてこう書いています。

「結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ(畏れよ)。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。」(伝道者の書12:13)

どういう意味なのでしょうか?

神様の命令を守れ、というのは押しつけがましくて、「あれをしてはいけない!」、「これをしなさい!」と神様の操り人形のようになることと考えたりするかもしれません。

例えば、皆さんに子供がいたとして、その子が道路のそばでボールで遊んでいたとしたら、「道路のそばで遊んではいけません。ちゃんと公園にいきなさい。」と言うと思います。

子供は、「なんで?私に楽しんでほしくないの?」と考えるかもしれません。でも、あなたがそう言った理由はその子供が交通事故などに遭わないように、安全の為だと思います。

聖書にも「~しなさい」というようなことは書いてあります。でもそれは私達を束縛するためではなくて、私達が平和で、幸せな一生を過ごすことができるためなんですね。

聖書にはすべての命令はたった2つに要約できると書いてあるんです。

それは、神様を愛することと、他の人々を自分自身のように愛すること、だけなんですね。

聖書は神様は愛であるといいます。神様は私達すべての最善を願ってくれているので、彼の命令は私達の平和な一生を願って与えてくれたものなんです。

なので、神様の命「令」は私達に平「和」を与えてくれるということです。

皆さんの上に今日も神様の恵みと平安がありますように!