神様の愛を「感じる」、ではなくて、「信じる」こと

皆さん、こんにちは。
寒いですね。東京は先週降った雪がまだ溶けずに残ってます。
早い事にもう2018年最初の月が終わろうとしています。
寒い冬は、暖かい家の中がいいですよね。

神様の愛について聖書箇所を読みました。

わたしたちは、神がわたしたちに対して持っておられる愛を知り、かつ信じている。神は愛である。愛のうちにいる者は、神におり、神も彼にいます。(1ヨハネ4:16)

神様の愛は特には何か五感で感じるものでもないですよね。私達は神様に愛されていると「感じ」ようとするのではなくて、愛されていると「信じ」ようとする事が大切だなぁと思います。そうする時に神様の愛を感じる事もあるのではないでしょうか。

だから、愛されていないと「感じる」時には、静まって考えてみると、愛されていると「信じる」事ができていない時であったりします。

じゃあ、どうやって神様に愛されていると、信じることができるのでしょうか?

聖書の神様の言葉を読み、理解することで彼の私達に対する愛を知ることができます。
特に天の父がイエスキリストによって、私達のために何をしてくれたのかを知ること。

神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。 (1ヨハネ4:9-10)

そして、それを信じる決断をすること。それが大切なんだと思います。

今日も神様の私達に対する愛を信じていきたいですね。

主と共に平安と恵みがありますように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中